スノーボード初心者向け!初めてスノーボード行くなら読むべき記事(マイカー編)

こんにちは、ばいすです!

今度マイカーで行くけど、全体的な流れが分からない方

どんなことに気を付けるべきか知っておきたい方

スノーボード初心者へ向けた記事になります。

ぼくもよくマイカーでスキー場まで行くので、これから行くかたの参考にしてもらえたらと思います。

読者の悩み

  • どんなメリットとデメリットがあるのかな?
  • ほかに費用はどれくらいで考えたらいい?
  • もしものときを考えたら、なにを準備しておけばいい?

この記事の価値

  • マイカーで行くメリット・デメリットが分かります。
  • マイカーで行くときに必要な持ち物便利なもの

メリット

スケジュールを好きに組める

スキー場に行くまでの道中気になるところありますよね。

温泉食事処など

また、休憩するタイミングも選べます

周りに気を遣うことなく全力で楽しめる

バスツアーと比較すると、知らない方への気遣いは短時間でもない方がいいですよね。

友人たちとの車内は、何時間かかっても楽しいものです。

映画を流したり好きなアーティストのライブ映像見たりカラオケ大会(修学旅行か)もできたり

ほかにもぼくに思い付かない楽しいこともあると思います。

ぜひ工夫して楽しんでください。

昨シーズンのスノーボードの動画を作ってみんなで見るのなんてどうでしょう。

ぼくは、すっごくワクワクします(笑)

コロナ対策ができる

このご時世、気になる方も多いと思います。

周りに迷惑かけたくない方が多いと思います。

社会人だけでなく学生さんたちも、感染防止はしていきたいですよね!

デメリット

人数が限られる

1台に乗れる人数は限られます。

ボードやウェアなどの道具も乗せるので、余計に減ります。

大きい車をレンタカーをするなどしてみることで、この問題は解決できますね。

オススメのレンタカー屋さんのリンクを貼っておきますので

よかったら試してみてください。


お酒が飲めない人が出る

お酒好きのぼくにとっては、言わずにはいられませんでした。(笑)

どうしても運転する人がいるので、全員でお酒を飲むことができません。

しかし、夜出発してスキー場でゆっくりみんなで乾杯するのも

なかなかいいですよ。

体力的にしんどい

スキー場から自宅までの往復は、滑った後にも運転する必要があります。

運転がある分、思いっきり滑れないこともあると思います。

車の消耗が早まる

高速道路には、凍結防止剤をまいています。

その道を運転すると、車の底面に塩分が付きサビていきます。

また、走行距離も増えるのでエンジルオイルの交換も相当早まります。

持ち物リスト

□インナー ※ヒートテックはNG スポーツウエアOK(汗が乾かないからリスト乗っている最中に風邪ひく)
□ウエア ※レンタルでも可
□ボード ※レンタルでも可
□ビンディング ※レンタルでも可
□ブーツ ※レンタルでも可
□ニット帽
□ネックウォーマーorフェイスマスク(別名バラクラバ) これ超優秀です。活躍します。
□靴下 ※必ずひざ下まであるもの!ブーツが思いのほか高いから注
□グローブ ※ないと指が凍ります(笑)
□ゴーグル ※雪山の状況は急激に変化するので、吹雪いたときに必須。また晴天(ピーカン)でもサングラスとしても活躍

 

かかる費用

ガソリン代

最近は、原油価格が高騰しています。

雪山に行くには、四輪駆動の車やSUVタイプの車が必要になります。

そのため燃費が悪くなります。

高速代

やっぱり、高速道路を走った方がラクですね

しかも、睡眠時間も高速道路を通ることで少しずつ長く寝ることができます。

また、凍結防止や轍もしっかりあり、事故のリスクも大幅に減らせますので

ここへの費用は惜しむのは考えることはできません。

車を運転してくれる方へのお礼代

長時間の運転は、滑ることでさらに疲れます。

長期的な関係を築きたいのであれば、運転してくれる方へのお礼はかかしてはいけません。

現金を渡すことは、すこし生々しくて嫌な方は

リフト代やお昼ご飯代をみんなで出し合ったり工夫すれば

負担は減らせますね。

その他、スキー場レンタルやリフト券代

スキー場によって、費用は違います。

事前に調べていくことをお勧めします。

 

必要なものがわかったら

つぎは、実際に行くときのスケジュールについて気になると思うので解説していきます。

スノーボード初心者 マイカーでの1日のスケジュール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA